こちらの施設は、櫨文化協会の認定講師仲間のお一人が運営されている事業所です。
利用者さん達が、伝統の手掛け方式で和ろうそく作りをされていると伺い、見学しにお邪魔させて頂きました^^



新しく建てられたばかりというのもありますが、屋内も清掃が行き届いていて、清潔感のある素敵な建物と…

何より、玄関ドアを開けて中に入ると、利用者さんや指導員さん達がとても爽やかな挨拶と笑顔で出迎えて下さいました♬

色々な作業をされていますが、特に和ろうそく関連のお写真を数枚撮らせて頂きました。

い草から芯を取り出しすと

こんなスポンジ状のものがでてきます


これは繭玉から作った真綿


真綿も和ろうそくの芯を作るのに使います


芯に櫨の蝋を丁寧に何度も重ね塗りして出来る和ろうそく



一人前の和ろうそく職人になるのは10年かかると言われているとか。

こちらでは分業して芯を作るところから和ろうそく作りをされていました。皆さん手先が器用で、始めたばかりなのになかなかの腕前で驚きました!

こちらの事業所から未来の和ろうそく職人や芯づくり名人が生まれる日はそう遠くないのでは⁉︎と、胸踊る1日でした^^

皆さんのお写真ももっと撮らせてもらえば良かったなぁと深く反省。手元やモノの写真ばかりでしたごめんなさい(。-_-。)

リンの皆様、貴重な時間を有難うございました‼︎引き継ぎ応援しております(*´∇`)ノ